ゆるふわメシテロ漫画道場

「飯テロ」と「メシテロ」の表記の狭間から

11月11日はポッキーの日だけど、VALU発の「100人で書いた本〜道具篇〜」の発売日でもあるよ〜

f:id:torimuso:20171111123124j:image

 

 

ポッキーがハンドグリップ?

どうも〜、ポッキーは食べることが少ないトリプロデューサーです。

ところで、ポッキーをマドラー代わりにする文化って廃れたの?

 

これからは、ポッキーをハンドグリップ代わりに使うのが流行るかも知れない。

 そのときは、トリプロデューサーが先駆者だったということを覚えておいてくれ。

まあ、実際にやったことは無いけど。

 

 過去記事でも書いたけれども、11月11日「100人で書いた本〜道具篇〜」の発売日です。 

 

こちらが、そのKindle本。

 

200円で買えるのは審査用匿名版が発売されてから、最初の1週間だけです。

そして、審査用匿名版を買うと、完全版に無料でアップデートできます。

 

おっと、お得情報を漏らしてしまったかも。

 

「これって匿名版だよね?」と疑問に思う場面も、多々あります。

バレバレならまだしも、名前言っちゃってるよみたいなところもw

 

 

VALUで、こういうネット上にデータとして残る企画を待ち望んでいた。

このVALUでの「100人共著プロジェクト」に、自分が著者として参加できたことが、もうとにかく嬉しくて。

 

これ、告知から募集期間が48時間ですよ。

それに100人集まったってのが、そもそも凄くて。 

 

VALU内でいろんなイベントが今までにも、現在進行形でもありますが。

自分は思うところがあって、リアルで集合する系のものは、ちょっと避けてるんですよ。

 

でも、なるべくネット上でデータとして残る企画には、積極的に参加したいと思っていて。

この「100人共著プロジェクト」は、自分にとってうってつけの企画だったんですよね。

 

ほら、こうやってブログのネタにもなるしw

 

VALUをまだやってない人に、どうにかVALUの魅力を伝えたい。

 

この「100人で書いた本〜道具篇〜」で、VALUをまだやってない人もぜひとも審査に加わってほしいなと。

VALUの中と外で、結構な温度差があって、なかなかその温度差が埋まらないんですよね。

 

このKindle本が、その温度差を埋めるキッカケになってくれればな〜と。

 

<補足>第2弾の「1440分編」、第3弾の「場所編」も発売されてるよ〜。

「場所篇」では、トリプロさんは3位だったよ。(自慢)

 

さらに補足、第4弾のテーマ「1万円」に関する記事を書いたよ〜。

100人共著っぽくない記事タイトルだけど、100人共著絡んでるよ〜。 

スポンサーリンク