ゆるふわメシテロ漫画道場

「飯テロ」と「メシテロ」の表記の狭間から

【前編】「100人で書いた本〜1万円篇〜」で、モッコメリアンのレビュー採点に、メシテロで乗っかってみるよ〜。(1〜50)

toriprojpop.hatenablog.com

「100人で書いた本〜1万円篇〜が発売中だよ。

そして、マネジ佐藤 さんが書いてるレビューに、モッコメリアンがレビューの点数を付けてるよ。

valu.is

知らない人には、「何のこっちゃ?」という感じの導入ですがw

でも、みんながモッコメリアンを知ってるものとして話を進めます。

 

そんなわけで・・・

ここから先は、モッコメリアンのレビュー採点を乗っけつつ、トリプロがメシテロな反応をしますw

マネジ佐藤 さんのマトモなレビューを読みたい方は、モッコメリアンのツイートから辿ってくださいな〜。

 

それでは、どうぞ。

001. 捨てる価値

 

002. 変容する春

 

003. 4.1倍の罪

 

004. 『結末は 頭に「あいつ」が いなければ』

 

005. 空飛ぶ一万年

 

006. 1人1万円で可能。1泊2日の鳥取旅行

 

007. 裁量労働制で1万円が自分の裁量で自由に使えたらいいなと思った。

 

008. きっかけ

 

009. 重いビール

 

010. あなたと私の内緒のプレゼント

 

011. 患者さんが飛んだ日

 

012. 暗号通貨送金券

 

013. 1万円の存在感

 

014. 君、想う

 

015. オカマのおばちゃん

 

016. 夏の日に飛びこむ

 

017. 500玉と息子笑顔

 

018. 回想

 

019. 肖像

 

020. 一万円

 

021. 厄介な紙切れ

 

022. 5.5倍+不思議体験

 

023. 「1万円貸してほしいんですぅ。」

 

024. 恐怖!50円オジサン!

 

025. おっぱいは買えるのか?

 

026. 青い虫

 

027. 一万円でサプライズ

 

028. 今夜一晩

 

029. 笑う一万円

 

030. 春

 

031. 【私が愛している男】

  

032. 旅

  

033. 「醜さは多様性などなく伝わる。円の価値のように。」

 

034. 天 罰

 

035. 1万円に対する感じ方はそれぞれの環境で全く違うけれど心を通じ合わせればきっとその差は埋められるよね

  

036. 『壱萬円』

 

037. 「一万円でできること」

  

038. 『卒業』

 

039. 指標

  

040. 万札大地に立つ

 

041. サプライスプリング

 

042. 一万円の重さ

 

043. 一万円は大人のお金

 

044. 旅に出る言い訳

 

045. 10人の漱石

 

046. 【日本浮上】

  

047. 一万円の価値

 

048. 『年収ゼロ世代』

 

049. ショコラで1万円を使った思い出話

 

050. 大都会の小さな奇跡:あるいは都会の神様について

後編の(51〜100)に続くよ。

スポンサーリンク